「天国と地獄」

NHK・BS2で、黒澤明監督の「天国と地獄」を見ました。
これも30年ぶりですが、結構良く覚えていました。

今にして思えば、これは「格差社会」の怨嗟話ですよね。
しかし単純に「金持ち=悪」「貧困=可哀想」という風には
まったく描かれていませんし、
犯人に「甘ったれるな!」って偉そうに説教する
教師みたいなやつがでてくるわけでもない。
(最近のドラマに多いんですよね、このパターンが)

最初の1時間は、すさまじくレベルの高い
サスペンス映画になっているのですが、その中でも、
権力闘争を勝ち抜こうとする三船敏郎の葛藤が過不足なく描かれ、
その後の展開で世間から賞賛される
「いい人・権藤(三船の役名)」というだけではない
人間的な凄みがきっちり出ています。
僕は、田中角栄元首相を思い出しましたけどね。
(叩き上げですからね。顔も雰囲気もちょっと似てます)
葛藤の末に身代金を払う決断をした三船が、
「最初から出直しだ」とつぶやきながら、
犯人逮捕のてがかりになるように鞄を自ら細工するシーンは
素晴らしく感動的です。
そしてこの感動的なシーンが、
有名なパートカラーの煙突シーンにつながってくるわけですね。
(「踊る大捜査線」が敬意を込めて”いただいた”シーンです)
ここが作り手の上手なところで、
鞄の細工だけで十分に意味のあるシーンになっているため、
露骨な伏線には見えない仕掛けになっているのです。

あまりにも有名なこだまでの金銭受け渡しのシーンが
素晴らしいことは言うまでもありませんし、
仲代達矢率いる警察陣の捜査と推理の面白さも抜群です。
木村功が「野良犬」のチンピラ風や真面目なサラリーマン風に
次々と変装して出てくるのも笑えます。
横浜・黄金町の麻薬街の悪夢のようなイメージは
凄いの一言ではあるのですが、
ここだけ「芸術映画」に傾いているようにも思えました。

山崎努の犯人は、これまた凄みがあるのですが、
彼の心象を最後に言葉でほとんど語ってしまうところが、
僕にはこの映画の唯一にして最大の弱点のように思えます。
ラストの三船vs山崎がこの映画の凄さだ、という人の方が
きっと多いだろうとは思いますけどね。
もちろん、本当の彼の心根はオーラスの絶叫にあるのでしょうし、
それを呆然と見る三船の前にシャッターが降りてくる、という
ラストシーンの突き放す感じは素晴らしいのですが、
なんというかな~、なんか「最後に理屈がきちゃった」って
感じがするんですよね、僕には。。。
ただ、このシーンは、三船と山崎をカットで切り返しながら、
双方の顔がガラスに映り込む、という映像で、
黒澤監督が計算しつくした絵作りになっています。

警察が「このままではどんなに長くても15年だ。
犯人を泳がせて極刑につなげよう」って捜査方針を決めたり、
マスコミが警察の言うままに嘘の記事をでっちあげたり、
(記者の中に、台詞は全くないけど大滝秀治さんがいたりします)
今ならあまり褒められたことではないような設定もいくつもありますが、
この圧倒的な面白さの前には、どうでもいい事のようにすら思えます。
黒澤監督、最後までこういう映画を
作り続けてくれれば良かったのにな~。。。


天国と地獄<普及版>
東宝
2007-12-07

ユーザレビュー:
後半が面白い出だしで ...
うーむ、凄かった。  ...
現代劇も迫力十分!黒 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

ゆきおっち
2008年10月19日 12:53
黒沢明監督は偉大なり  前にTVでリメイクしたのも観ましたが、本当にガッカリしました。 悪名高きナントカサスペンス風味のツッコミどころ満載の作品になっていました。   (大体にして昔の話しを現代の設定にするの自体に無理があるし…)
まぁ娯楽大作の神様 黒沢明大明神ですが わたしとしては遺作となった   【まぁだだよ】も心が暖まる映画で大好きですよ。
2008年10月19日 13:14
ゆきおっちさん、こんにちわ。
ホント、みんななんで黒澤監督の映画を
リメイクしようとするんですかね。
大体黒澤監督自身が「蝦蟇の油」の中で、
リメイクには反対であることを公言されておられます。
”娯楽映画の神様”、まさにその通りだと思います。
改めてみると「用心棒」「椿三十郎」は
とんでもなく良くできていますし、
「野良犬」はすべての刑事ドラマの原点ですね。
ゆきおっち
2008年10月19日 18:30
オリジナルに勝るリメイクなしですね。ましてや名作ならなおさらのこと…七人の侍などあまりにも完璧すぎて日本でのリメイクは反対が多いそうです。やらない方がヨイ。
天国と地獄 復讐するは我にあり オーメン 椿三十郎 荒野の七人 仁義なき戦い… とくにTVのリメイクは最悪なものが多い。犬神家の一族は監督と主演が一緒ですから特殊です。時をかける少女(アニメ)キングコング(ジャクソン版)テキサスチェーンソー(悪魔のいけにえ)はよかった方かな?ドコがヨイのか理由もあるんですが、長くなるのでやめときます。
2008年10月19日 23:35
「時かけ・アニメ版」は良かったですね。
あれはもとの映画をリスペクトしつつ、
ほぼオリジナルなものになっているので
成功したのだと思っています。
一方で、「仁義なき戦い」の後続も
オリジナルっていえばオリジナルなんですけど、
脚本の笠原和夫さんが完璧に作り上げた4部作を超えることは、どうやっても無理です。
深作監督本人が作った「新・仁義なき戦い」だって
そこそこなんですからねぇ。

長くなっても良いので、
どこかでまた語ってください。
よろしくお願いします。
ゆきおっち
2008年10月20日 22:21
こんばんわ
これは失礼しました。
仁義なき戦いちゅうたら
布袋と豊川っちゅう外道の方ですけぇ~
あん有名なテーマ曲を使っとりやがる
ほいじゃけぇ~どがいなもんか観ちょたらよォ~
ありゃ~ろくなもんやないでェ~
ってな具合でダメでした。深作欣二作品の方には
ケチつけません。
仁義なき戦い
シリーズ5作
新・仁義なき戦い
シリーズ3作がそうです。それではまた
2008年10月21日 01:42
こちらこそすみません。
ゆきおっちさんの話の文脈は
わかっていたつもりです。
「外道の方」も見ました。
僕は豊川悦司にちょっと点が甘いのですが、
それにしてもあれはイマイチでしたね。
オリジナルを目指しながら、煮え切らない。
もう少し「仁義なき戦い」風に
はじけてくれればいいんですけどね。

この記事へのトラックバック