Silvy & me

アクセスカウンタ

zoom RSS 高尾山

<<   作成日時 : 2008/11/15 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

妻とシーちゃんと、高尾山に行ってきました。

とりあえずシーちゃんを電車に乗せなければならないので、
おとなしくカバンに入ってもらいます。

画像
画像


もともとはケーブルカーに乗って、
あとは山頂までゆっくり登るつもりだったのですが、
紅葉シーズンの高尾山をちょっとなめていたみたいですね。
ものすごい人出で、ケーブルカーが1時間待ち、みたいな感じだったので、
あきらめて歩いて登ることにしました。
最も道が整備されている「1号路」を登ります。

画像


高尾山のホームページを見ると、
東京都としては、高尾山を含む自然公園へのペットの入園について
生態系への影響を考慮してできる限り遠慮してほしい、ということなのですが、
同じホームページの「よくある質問」のトップには
ケーブルカーにペットを乗せることは可能ですよ、とした上で、
同乗用のバスケットを貸し出しています、という記述があって、
まあこれは、マナーを守れば行ってもいい、ってことだよね、
と解釈をさせていただきました。
それでも大変な人出の中での犬を連れての登山客は、
迷惑な存在だったかもしれませんね。
申し訳ありませんでした。

まあしかし、シーちゃん、頑張りました。
山頂まで1時間40分ほどかかりましたが、
へこたれずに登り切りました。
途中で励ましてくれた皆さん、ありがとうございました。

画像


山頂の広場の紅葉がきれいです。

画像


食堂でちょっと休憩。
ビールに焼き鳥、それにかけそばをいただきました。
シーちゃんにも持参したおやつを少しあげます。

画像


帰りは「稲荷山コース」を選択。
岩場と木の根が絡み合う、結構大変なコースです。

画像


シーちゃんには負担が重かったかもしれません。
最後の方は結構バテていました。

画像


それでも下りは登りよりは早いですね。
1時間20分程度でふもとに到着。
さすがに疲れましたが、いい運動になったし、
なによりずっとシーちゃんと一緒だったので、楽しい一日でした。

帰りの電車の中で、シーちゃんは爆睡していました(僕も)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おじゃまします
そうですねぇ〜
紅葉の時期ですね
六年くらい前に
京都の東福寺の紅葉を見にいきました
造られた美ですけれど
そこがまた凄く綺麗で芸術そのものでした
これはドコかで見たぞ
そうだ!!京都にいこう!!
(JR東海のCMのコピー)
の世界だなぁ〜
と思っていたら
やはりCMで使われていました
また行きたいなぁ〜
あっ高尾山も行ってみたいですよ
土日休みの仕事に転職しようかなぁ
ゆきおっち
2008/11/17 00:59
ゆきおっちさんは土日お仕事なんですね。
お疲れ様です。

僕は若い頃京都に住んでいて、妻は京都出身なのです。
京都の紅葉はこの世のものとは思えない素晴らしさですよね。特に僕は北海道育ちなので、ああ、これが僕の知らなかった「日本の美」なのだな、と思い知らされました。
今回も、本当は京都に行きたくて日帰り京都旅行を妻に提案したら、「どこにそのようなお金があるのか?」と言われた結果、高尾行きになったものです。
まあでも、高尾、良かったですよ。。。
toru
2008/11/17 09:08
いつもコメント返してくれてありがとうございます
ナシのつぶてだと張り合いが無くなるモノなので…
結構
思考や考えが似ている気がしてやり取りが楽しみですもしかしたら合わせてもらっているのカモしれませんが(笑)
小生
千葉で飲食店を自営しておりますが
あまりの不景気に長期休業して転職しようかなぁなどと考えているトコロです
20年不景気はツライもんがあります
ちょっと愚痴っぽくなってしまいました
トコロで京都出身の奥方はやはり恐いのですかねぇ
ちょっと小耳にした事があるモノで…
京都の女性は日本最恐だと
ゆきおっち
2008/11/17 11:54
僕もゆきおっちさんとは考え方が似ているな(違うところも多々ありますが)と思っております。
無理に合わせているわけではありません(笑)。
これは年代が大体同じだからかもしれませんね。

京都の女性ね…。
このブログを妻が見ると困るので、ノーコメントです。そうしたことから、察していただければ幸いです。
toru
2008/11/17 22:30
ハイ察しました
でもね一般論としては
言葉が恐いのはカカァ天下とカラッ風の群馬女ですね言葉はキツイですが心はカラッとしてる友人の母です京都の言葉はやさしく魅力的に響きますねぇ
勝新さんの奥方玉緒さんは葬儀に行く勝新さんに香典を用意して
いくら入れはりますの?
と聞くので
十万入れといて
暫らくするとまた
いくら入れはりますの?
次はすぐ
いくら入れはりますの?
あれ?と思い三万円と言うと玉緒さんは
ハイと渡したそうな
勝新さん曰く
京女のホントは恐い
と語りましたとさ
コメントナシでお願いします
ゆきおっち
2008/11/18 02:33
じゃあ、コメントなしで(笑)。
toru
2008/11/18 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
高尾山 Silvy & me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる